ブレーキをはずす

と言って、

暴飲暴食しようという話じゃなくて


いま、自分がかけてる無意識のブレーキが 「有るか 無いか 」確認して

あれば、ドンドンはずすって話


16歳 さくら  9歳 陽乃  3歳佐和
の3人を、育ててると

このブレーキを作っているのは
親が結構のブレーキをかけてる
と感じる


たとえば、
  • 3歳だと
暴飲暴食当たり前(後でお腹壊す)

  • 9歳
お菓子食べて、晩御飯食べない

  • 16歳
良くも、悪くも
出された、ご飯はたべる



この食事に関しても
あーでもない
こーでもないと

きちんと育てる、という名目で
あれこれ言う(笑)

言ってしまう


この、言ってしまうときに
感想や感じることをただ単純に述べれば、受け取る子供もブレーキをかける人間にならないのかもって
最近思う


だから、自分は子どもにブレーキかけてるときに
それが、自分のブレーキにもなってると気づくける


気づいたら、
自分のブレーキは、外して

子どものブレーキになる
言葉は
感想に変えていく

自分のブレーキは外すように心がける

0コメント

  • 1000 / 1000

一軒家で美容室

夫婦で営む美容室のブログ https://haircafeen.wordpress.com/